読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saya log

アラフォー転勤妻が日々思い愚痴妄想を打ち殴るところ

虫の知らせと言えば

我が家はコッピーという魚を飼っていて

出窓に置いたちいさな鉢の中で育ててるんだけど。

 

 

なんかパソコン中にふと鉢が気になって覗いてみたら

ちいさな蜘蛛がおぼれて足をパタパタさせていたのです。

 

人差し指を差し入れたら、天の助けとばかりに這い上がって来たので

玄関をそーっと開けて外に逃がしてやった

 

 

今の住まいは都内なんだけど緑が多いとこなんで

部屋の中でやたら雲をみます。

蜘蛛は守り神だから、殺しはしない。

ちっこいのは手ですくって外へ放つ

大き目のやつは 袋でつかまえて 外へ放ちます

もうかれこれ6匹は逃がしたんじゃないだろか

そろそろ恩返し的なものがあってもいいんじゃないだろか。。。

 

 

 

 

いやそれにしても

今日の虫の知らせはわろた

 

 

こんなとこにあったりしてーっ(あるわけないだろー)

洗濯機下をのぞきこむ

二度見

あった!!

あったどーーーーーーーーーーーっ

 

 

 

 

 

鍵が見つかる10分前、夫から電話があり

「俺には関係ない事だから。自分でどうにかしなさいね。じゃ」

と冷たい電話があった。

 

もうこちとら、鍵見つかってココロおおきくなったもんで

そっこーメール。

「人間ピンチの時こそ本性がわかるものですね。

あなたはほんとうに冷たい人ですね」

と送ってやった。

 

はっはっはーーーーーーーーーーーーーっ

 

 

どっちも器ちいせええええええええええええええっ

 

 

 

 

さぁっ、

ビアーでも買いにいくかあ

 

病気??

ゆーうつな月曜日。

鞄下げて、生ごみかかえてさぁ、出動!と思って下駄箱あけたら

鍵が無いやないかーーーーーーい

 

 

 

一昨日の夜中華やへ行った時は確実に持っていた。

酩酊して帰って来て、オートロックは夫が開けた。

普段なら、鍵はいつも下駄箱の定位置へ入れるんだけど

この日はそのまま、ぽっけか?ジーンズか?どっかにいれたまま

寝てしまったんんだな。

もしくは途中で落っことしたんだろうか。。

 

 

交番にも届いていない

中華やにも置き忘れは無いという。

マンション前におっこってないか見てみよう、と思って

ハタと気づいた。

外出たら、オートロックで中に戻れないやないかーい

 

 

 

以前も同じように鍵が無くなったことがあった

その時は夫が私のカギを持って行ってしまっていて。

事なきを得た。

 

思えばわし、結婚してからもう何十回と鍵を紛失している

 

広島タクシー→運転手さんが届けてくれた

広島通勤のチャリから飛び出した→親切な人が木にぶらさげて置いてくれた!

京都→夫が持ってってた

 

と、あとはチョイチョイ週末に無くすんだけど(鞄と上着が変わるせいかな。

あとは酩酊状態だから)

なんだかんだいって、毎回出てくるんだよな

だけど今回はほんとに出てこない

 

 

仕方ないので夫に「鍵を亡くしました。合鍵作ってかえって来てください

給料でたら鍵は交換しますm(__)m」とメールした

 

 

あぁ、 すごい怒られるのだろうなぁ。。

ねちねちねちねちと怒られるのだろうなぁ。。。

あぁ、胃が痛い。。

 

 

しかし私の鍵ったら どこにいってしまったんだろう

もうほんとにこのそそっかしさ、病気だろうか

たぶん病気でしょうね

キーホルダーじゃらじゃらつけたり、カバンの定位置決めたりしてるんだけど

ほんとこのアホさ加減、我ながら嫌になるわ

 

は~ どーなることやら

作ってきてくれなきゃ明日も会社にいけないよ

今日はとりあえず体調が悪いといってしまった。

月曜日に休むのって、何をいっても嘘くさい言い訳にしか聞こえなそうだから

嫌だ。

はー

 

 もうどうにでもな~れ(AA略)

 

 

 

 

 

 

夕方17時

なんか虫の知らせで

「こんなとこにあったりして~」っと洗濯機の下を覗いたら

ありました。

無事に見つかりました。

 

 

もう~っ

一生はなさないぞ★

 


  

旅に出ちゃうかな

週末の楽しいおふとんスマホでTwitterめぐりしていたら

私の好きな

www.moae.jp

の作者・まずりんさんの素晴らしいツイートを発見しました。

以下引用です

 

----

ひとり旅の常連としてとにかく後世に伝えたいこと、

それは「足腰の立つうちに旅をしておけ」です
まずりん先生は腰痛と二日酔いで旅を切り上げて帰ったことがあります
いいですか、「時間=足腰」なのです
---

 

 

~新幹線通院が終わったら完全関東引きこもりの為の旅計画~

浜松でうなぎ旅

清須城~大垣・岐阜城と城めぐり旅

思い出の地・名古屋ぷち観光(世話になった人にもあう)

思い出の地・京都ぷち観光(世話になった人にあう)

郡上八幡で水郷めぐり

宮崎で友人の赤ちゃんに会う

福岡で従姉妹たちにあう

水郷柳川

鹿児島で歴史旅

出来たらそのまま韓国にいってワーホリ友達と再会

 

安宿ORバッパーにとまって

夜は居酒屋にすれば交通費+1万もあれば十分であろう

 

 

矯正終了をもって、私の13年の流浪の旅にも終止符打ちたいわ~

あくまで願望ですが

先のことわわからん。。。

 

 

 

夜に手紙書いた手紙を朝読んで赤面的な

昨日は安ワインでへべれけ 死語  になりました

夜はピザ屋に行ったんだけど

 

8枚切りピザを味わいながらちびちび酒。。と思ってたのに

目を離した隙に夫に全部食べられてさしまった

思いやりという単語はこいつの辞書にはないのか??

 

しかも朝ていうか昼起きたら

昨日のご飯代ちょうだい。五千円ずつ。と徴収されてしまった!

 

まぁワインをがぶ飲みして価格を釣り上げてしまったのは悪いと認めます。

だがしかし。割り勘だったら行かなかったっつーの(爆←あらなつかしいw)

五千円あったら一人酒でどれだけ贅沢な食材を使った肴が作れるのさ

あ~ もったいなかったなぁ

 

 

で、パソコンが立ち上がってるので見てみれば

昨夜泥酔頭で身のないブログをしたためていたとは。。。

あぶねー!

夫に読まれでもしたら最悪じゃあないか!

 

 

 

 

恥ずかしいから読み返さないけど

消しもしない

 

 

いつか来年くらい、昼から一人酒楽しみつつ、

こんな〜時代も〜あったねと〜

 

笑って読み返せればなあ

 

 

 

しかしブログって

管理人が死んだらどうなるんだろうか

 

アル中で死んだ友人のジオシティーズのホームページ 死語 も

まだネットの大海をさまよっている

半年更新しなかったら消されるんではないのか??

311以降、更新されないブログとか(´;ω;`)

一生インターネッツを漂い続けるのだろうか

 

 

私も貧乏一人暮らしでぽっくり逝っちゃったら

このブログがさまよい続けるのだろうか

ブラックホール的な何かが、しばらく更新が無いブログを吸い込んでくれたらいいのに

そんなシステム誰か開発してくれんかのう

 

 

と、二日酔いの頭で考えるのであった。

 

ワインの二日酔いは、水がぶ飲みして二度寝

これで治る

若い時から、そう

 

 

妄想スケジュール

もし私が独身だったらば。

週末の理想のスケジュール。

 

 

 

土曜日の午前中いっぱいに掃除洗濯作り置きを終わらせて、

昼の3時位にお風呂も入っちゃって。

あとはもう手製のつまみとビール片手にダラダラ飲み。

韓国ドラマ見ながらの~

英国ドラマ見ながらの~

時代劇見ながらの~ ひとり酒妄想タイム。

これ最高

 

 

 

でも、真面目人間の夫からしたら。。

昼からだら飲みなんてもっての他なんである。

 

 

 

どうして??

平日はお互いまじめに働いているんだし、

休みの日くらい昼から飲んだくれたっていいじゃないの!!

そもそも私が休みの昼間から飲むのも、自営業で休みが日曜しか無い父親

ここぞとばかりに「今日は一日飲んだくれちゃうぞ★」とばかりに朝から手酌酒。

で、母はといえばその時代では珍しいキャリアウーマン(ブルゾンちえみかよ)で。

休みの日は昼12時まで起きてこない!

でも父はそんな事は我かんせず、一人で楽しそうに飲んでいました。

で、私と妹がだらだら起きてくると、いそいそとお好み焼きを焼いてくれるのです。

私はそんな日曜日が、子供ココロになんだか特別な日に思えて

好きだったのです。

 

 

でも、父はアル中ではありません。

家族のために月ー土は身を粉にして働き、日曜は朝からご機嫌で飲んで。

私はそんな日曜日が大好きだった

 

だがしかし、夫の家は普通のサラリーマン宅

休みの日といえども、昼からだらのみする習慣はなかったみたい。

 

 

 

平日はおもくそ働き、土日はおいしい自作つまみと昼飲みでリラックス。

それのどこがいけないんだろーか?

どうしてこの人はわかってくれないんだろう???

ずっとそう悩んでいた。

でも最近、私も勤めに出るようになり、少しは「社交性」というものが戻ってきたのか?

「相手が嫌がってることを強要するのはいかがなものなんだろう?」

という思いがめばえました。

 

 

 

なので、今日は珍しく

結婚してから3回目?くらいの昼ごはんを作ったんだけども。

めっちゃ喜ばれました

f:id:saya_log:20170415224226j:plain

「おいしーーーーーーー」と言って喜んで食べる夫。

でもね。。。

 

 

 

 

 

 

自分の感情を押し殺してまで、相手に合わせる必要があるのだろうか??

それが結婚というものなのだろうか??

 

私が昼に健康的なご飯を作り、夫の機嫌をとっていれば、夫婦生活は表向きは安泰です。

はっきりいって、私が仕事しなくたって、生活だけする分には別に困らないのです。

夫にかしずき、生活費を頂き、夫の機嫌をとっていれば、

わざわざ朝に満員電車でおしくらまんじゅうされながら通勤する必要も無い。

夫を送り出して2度寝出来るし。

大好きな韓国ドラマを観ながらそれこそ昼飲みして過ごせるでしょう

でもそんなんが私の幸せなんだろうか????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、この思いがせめぎあいがすごくて。

それもこれも、仕事に慣れてきて頭の中にゆとりが出たのと、

この地元、関東にいる間にけりをつけなければ、

また見知らぬ土地へ二人で行く事になったら、

おなじ事の繰り返しだという恐れがあるからで。

 

 

 

 

もう最近は考えすぎて

でも、相談する相手もいないし頭がおかしくなりそうで、

もういっそカウンセリングに通おうかと思ってます

第三者からみて

私がおかしいのか? 夫が変わりものなのか?

長い転勤生活で、プライベートではほぼ夫婦二人の世界であったため、

本気でわからないので、

プロの手を借りてみようと思ってます。

 

 

 

ゆだねてごらん・・・(by森本レオ

きんもーっ

 

 

 

 

 

今日はほんとは今日は録りためておいた

「秀吉 天下をとる!」と

木枯し紋次郎

ボンサム~!!がみたかったんだけど。

テレビを占領されているので

おとなしく布団の中で

山本周五郎さんの小説読んでいる

 

明日は「大将首」の再放送やるので

それが楽しみ~

そんなもんしか楽しみがねーわい