Saya log

日々・思い・愛・夢・妄想を打ち綴るアラフォーの備忘録

カーペット取っ払った

今日は楽しい金曜日なので

クリーニングへ行き

掃除機かけて

軽いおかず仕込みをして

無印クッション洗って

 

はースッキリと思って部屋見回したら

 

 

 

レースカーテンと、床のフローリングが汚いのに気づいてしまい

 

思わずカーテン取り外し

カーペットも取っ払った

洗濯機にぶちこみ

 

 

f:id:saya_log:20170729070203j:image

網戸と床を水拭き

はースッキリ

※カーテン吊るし干ししてます

丈がおかしいのは転勤族あるある

 

 

 

 

トイレだけは毎晩掃除してるけど、

他所はほぼまとめ掃除

ごんおばちゃま式で毎日やるのが理想なんだけど

平日何もする気が起きない

 

 

 

f:id:saya_log:20170729070412j:image

綺麗な部屋で一人酒

つまみしょぼっ 

 

 

 

f:id:saya_log:20170729070431j:image

ヤスーラさん見ながら

 

 

 

夏は洗濯ものがすぐ乾いて嬉しい😆

 

 

嬉しい酒

今日たまたま職場のおばちゃんと給湯室で話す機会があり

 

「さやさん、よくやってくれてるし

ウチにあってるんじゃない?」って部長が言ってたよ、と教えてくれた

 

おばちゃんからも、派遣縛りとかよくわからんけど、長く勤めてね、と

 

 

 

嬉しいなあ〜

 

 

 

 

経理部ではやっかいものだったのに 涙

 

 

 

 

 

 

 

やめたいなあと思ってたけど、

まだ頑張ろうという気になりました

 

 

 

ていうか、皆そんなもんだよね

浮き沈み

 

でも、働かなくちゃ食べていけないし

しのごの言わず働くしかない

 

 

 

今のヤングはすぐ

やりがいだの、

自分に向いた仕事とは、だの

まだ東京で消耗してんのかい?とか言うけど

 

 

 

仕事 とは

生活の糧なんである

悩んで選択肢あるうちは幸せだよなあ

 

 

 

 

 

よっぱ日記でした

 

 

 

仙台まで行かなくても美味しい牛たんは食べられる

今年も待ってましたの牛たん炭焼利久のお中元特別セットを購入しました。

 

 

f:id:saya_log:20170726111244j:image

【自宅用(ていうか自分用)と実家用を購入】

 

 

 

 

実家用は帰省時に持参します。よって自分もありつける。

なおかつ義実家からも同じものがお中元で送られて来るので、3回楽しめます。

利久さいこー

 

 

普段食べ物にうるさいわが実家も、毎年この牛たんを楽しみにしています

 

 

 

 

 

 

こないだの記事のリンクから、なんと3人も利久の牛たんを買ってくれた方がいました。ありがとうございます。

お味はいかがだったでしょうか。。。

喜んでもらえたらいいなあ!

 

 

 

 

ひとつおわび。

辛子みそをリンクし忘れました。

牛たんのお供には、辛子みそを忘れずに!!!!

これが無いと仙台人は暴れます。(義実家調べ)

 

 

 

 

 

 

贈答用セットでも辛子みそが付属してない事が多いです。

うっかり肉だけ贈ろうものなら、仙台人からは「なんて気が利かないのだ」と思われます。(義実家調べ)

「牛たんをわかってない奴め・・・」と悪態をつかれます(我が家調べ)

牛たんを買うときは辛子みそをくれぐれもお忘れなく。

 

 

 

 

 

 

f:id:saya_log:20170726111417j:image

義実家での食べ方で、ネギ塩ごま油もあります。

辛子みそが無い時はこれ。

これはこれで美味しく、ビール進みます

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで~

今日は朝から牛たんだけを励みに働きました。

 

 

f:id:saya_log:20170726111250j:image

夫に内緒のマイ牛たん

 

 

 

 

 

 

 

f:id:saya_log:20170726111307j:image

牛たんには冷やしトマトがよく似合う

 

 

 

 

f:id:saya_log:20170726111319j:image

そしてテールスープを忘れずに!

これはいつもの鶏ガラにんにくスープですが。

 

 

牛たんには味噌汁ではだめ。スープです。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:saya_log:20170726111332j:image

フライパンでも美味しくやけます

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:saya_log:20170726111407j:image

 ヘルシーつまみでちびちびやりながら・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:saya_log:20170726111353j:image

シメの 自宅牛たんセット(ご飯は麦ごはんならぬ雑穀米)

辛子みそは貴重なので、今日はネギ塩Ver。

これにとろろがあれば完璧な牛たん定食になるのですが。

もう山芋を擦る時間も惜しいのでこれで頂きまーす。

 

 

 

 

 

 

 

 

あ~ 美味しい

下手な店で食べるよりよっぽど美味しいわ

 

 

 

 

 

 

 

f:id:saya_log:20170726111450j:image

小岩民vs新小岩の目くそ鼻糞爆笑バトル見ながら。

幸せ

 

 

離婚したら牛たん通りへ行くことは無くなるだろうけど、美味しい牛たんは自宅で食べられる。

そう、楽天があればね。。。

 

 

 

 

 

 

------

この夏仙台へ行かれる奥様方へ。

牛たん通りに行くとしたら、喜助か利久の2択です。

贈答用は利久が美味しいけど、店で食べるのは喜助が美味しい、というのが舅の意見。

私はどっちも好きなので、込み具合で決めてます。

 

 【喜助はお店でしか食べた事が無いのですが、美味しそう~】

 

 

 

牛たんといったら有名な「○○本舗」と名乗ってるお店がありますが、はっきり言っておすすめしません。関係者の方すみません。でもほんとに美味しくないんだもの。

こんなにおいしそうなのに! 

 

どんなにおなかが空いていても、ここには入らない。

ここに入るなら近所の居酒屋に入って牛たん食べる、というのが我が家の鉄則。

 

 

 

 

とはいえ、観光でおなかペコペコで仙台に降り立ったら、利久や喜助の行列に臆して妥協して飛び込んでしまうかもしれませんね。

でもちょっとまってー奥様!

せっかく仙台へ行ったなら、待ってる時間も旅の醍醐味と思って。

美味しい牛たん食べて欲しいと思います。

 

 

 

連泊するなら食べ比べもいいかもしれませんが。

仙台は他にも寿司とか寿司とかホヤとか牡蠣とかずんだスイーツとか、安くて美味しいものがたっくさんあるので。

牛たんばっかり食べてるわけにもいきませんから。

 

 

 

 

 

----

夫と結婚して良かったと思う、数少ない事。

それは「牛たん」を知った事。

関東から一歩も出た事のないひきこもりの我が家も、この事だけは感謝しています。

 

 

牛たんを、辛子みそを、

私たちに与えてくれてありがとう。。。。

 

 

 

旅先でも一人酒

昨日は月イチ新幹線通院の日であった。

いつもはすかすかの昼新幹線が、外国人どもで大賑わい。

子ども走らすわ、携帯で喋りまくるわでうるさいのなんの。

 

 

あぁ、とんでもない車両に乗ってしまった、、、と思っていたら。

隣にいた日本人サラリーマンのおじさまが、横のスパニッシュと思われるセクシーなお嬢さんに「へろー」と声をかけた。

 

と思ったら、「携帯電話は外に出て話しなさい。他の乗客に迷惑なんである。ここで携帯は使ってはいけない。それがJRのルールなんである!」と、英語でまくしたてたのです。

女の子たちも抵抗するでもなく、「おー、そーりー」と言って素直に出て行き、車両は静まり帰り、私は爆睡する事ができ、おじさまも読書にいそしんだのであった。

 

私は心の中で、「なんて堂々としたおじさまなのでしょう。さすがジャパニーズサラリーマン!ありがとうございます」とお礼を言いながら、眠りについた。

ありがとう、おじさん。。。

 

 

このあとの地下鉄で、例のスマホおじさんに絡まれるのだけれど。

つくづく電車の中でおじさんづいた1日であった。

 

 

 

 

--

いつもは病院終わるととんぼ返りなんだけど。

今日は久々に派遣時代の奥様と飲み。

飲む前に飲んでおこう、と思ったら

栄で素敵イベントをやっていたのでふらりと入っていった。

 

f:id:saya_log:20170722162033j:image

 

わー ここで2,3杯飲みながら友人を待つとするか。。と

値段表見てびっくり。

一杯1200円だって。 わー ジャーマン価格!

 

 

 

 

 

 

 

 

で、すごすご退散し、某手羽先居酒屋へ。

 

f:id:saya_log:20170722162048j:image

1200円使わなくてよかった。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:saya_log:20170722162111j:image

やっすー 

 

f:id:saya_log:20170722162128j:image

おいちい〰

 

 

 

 

 

 

 

このあと、屋さを買え、友人と焼き鳥屋へ。

いやーつくづく、名古屋は焼き鳥が美味しいよ~

※出たそばから食らいつく為画像無し

ていうか友人との飲みでは食べ物写真を撮るは撮りませぬ

 

もういくらでも食べられるぜ。

飲んで食べて、5000円でおつりが来た。

 

 

あーつくづく1200円使わなくてよかったあ

 

 

 

しかし名古屋の暑さははんぱねえ!

考えたら昼の1時から夜の8時までトイレ行ってなかった!

ビールは計10杯は飲んで、帰りの新幹線でも飲んだけど、

出ていく一方だったみたいで、まったく酔わなかった!!

 

 

そしてわが地元へ帰ってきたら、

あ、潮のにほひ・・・

 

やっぱり私、この町が好きよ、と思っちゃった。

住めば都はるみとはよく言ったもんである。

一人暮らしでこの先ずっと住む町なんだものね

 

 

ついにボケたか?3連発

1ずっと使わず温めていた2000円のデパート券

そうだこれで高島屋でマダームのような日傘を買おう!と引き出しから引っ張り出し、

財布へしまった。。。

2000円で買えるカサなんてたかが知れているけれど、私にはぜいたく品である。

 

 

 

素敵な傘をああでもね、こうでもねと選び、レジへ行き、

さぁいざ支払わんとす、と財布を見たら。

なんていうことでしょう、券が無い。

 

鞄をひっくり返すも、無い、ない、ない・・・・・

 

 

 

 

 

はい、日傘はあきらめました Ω\ζ°)チーン

 

 

 

思えばここの髙島屋では、昔おつりの8000円をまるまる受け取り忘れるという事もあった。

すぐさま引き返し、事なきを得たけれど。

今おもいだしてもぞーっとしてしまう。

あのころからボケが進行していたのかしら

 

 

 

2これまた3年位あたためていた図書カード500円があって、そうだこれで新幹線で読む本を買おう!(いつもは図書館の本)とわくわくで財布へ入れた。。

 

 

 

 

デパート券が無いと思ったら、図書カードも無いのであった。

とほほう。

 

 

 

 

 

3.友人からもらったカタログギフトで、前から欲しかった冷蔵庫横のラックをもらうべくハガキに記入し、明日投函しようっと!と机に置いた

 

【こんなやつ。ほしかったのーいえーい】

 

 

 

 

 

はずなのに!

無い!

はがきが無いのである

ちょ、もうここまで来るとさすがに病気???????????

 

 

1日で6000円の損失なんである。

 

 

 

 

 

 

 

もともと注意散漫気質で常にココロここにあらずだから。

いつ何をやらかしてもおかしくは無いのだけれど。

学生のころは親戚のおじさんからもらった一万円札をゴミ箱へポイした事もあった。

(おじさんが、おいおめーいんねーのけ?と怒りながら手渡してくれた)

 

 

 

 

 

 

元のボケ気質に加えて最近はもう中毒?っていうくらいのお布団スマホ

一度やめたのに復活したお布団スマホ

別に何がしたいわけでは無いの。ただぼーっと見てるだけ。

もうスマホやめたい

でも、スマホが無いとラジコも聞けない=新幹線過ごせないので。

通院終わるまでは解約したくないのであーる。

 

 

 

 

幸い通院は今年いっぱいで終了のめどが立った。

通院が終わったらめでたくスマホは売っぱらっちまおう。

 

昔のようにウオーク万、デジカメ、アナログ本のお出かけ3点セットを持ち歩くの。

スマートでは無くなるけれど、脳みそすかすかになる方が怖いものね

 

 

 

 

 

 

--

名古屋の地下鉄にて。

死んだ魚のようにスマホを貪る乗客の中に、一人だけおじいさんがいた。

おじいさん、周りを見渡すと何故かわたしに向かって歩いて来て、

「お姉さん、それ(すまほ)楽しい?」と聞くんである。

 

私はイヤホンしてるので、何か道でも聞かれるのかしら?とイヤホンをはずして、

「はい?何ですか?」と聞き返すと、「それ楽しいですか?と聞いているんです」

だって。

 

あ、こいつやべー人?と、とっさにイヤホン付け直して聞こえないフリしてしまった。

そしたらデカイ声で、「楽しくないんでしょうなあ!」と捨てセリフをはき、降りていった。

 

 

 

きっとあのおじさんは、自分だけ世間から取り残されたような気がして寂しかったんじゃないだろうか??

周りに人がいなくて、二人きりで聞いてくれたなら、

「よくぞ聞いてくれました! 面白くもなんともありません。やめたくてやめたくて仕方ないのです。今やスマホが無い時代、どうやって通勤列車をすごしていたのかも思い出せません。。。」と返したのに。

 

それにしてもなんでわざわざワシの所へ来た???

きっとオバハンで、おとなしそうで、何も言い返してこなそうな私に狙いをつけたのね。

そういうトコは花がきくのね