saya log

アラフォー転勤妻が日々・思い・愛・夢・妄想を打ち綴ってます

極力電車に乗りたくない

しかしまー 東京の地下鉄というものは!!

ギューギューにもほどがあるでしょ。やっと慣れて来た、というか

はるか昔のOL時代の感覚が戻ってきたけれども。

 

地方都市の通勤ラッシュなんて、いま思えば可愛いもんだ。。。

名古屋だの京都の朝。今思えばすっかすかだよ。

混んではいるけれど、体は触れ合わないものね。微妙に空間がある。

椅子だって、だいたい6人掛けには5人がデフォだしね。田舎は。

きっちり座らないんだもんね。ふわーっっと座るのです

 

ふわーっとにすっかり慣れた身で東京の地下鉄に乗ったらば、おじさまに

「あなたつめて」と怒られてしまった。ひーすいません!

 

しかも東京の地下鉄って。

どうしてあんなに深いの。遠いの。

絶対東京の人のほうが脚力強いだろうな。田舎は歩かないもの。

いかにして歩かないか??ぐらいあるかなかったもの。

車はもう入口の目の前に停めるし。

歩いたら負けなの?って位歩かなかったものね

関ケ原ウォーキングでは死にかけました。

 

 

仕事は嫌いではないんだけど、通勤電車を考えるとほんとに憂鬱になります。

毎日あんなのに乗ってる夫に、少しは優しくしよう。という気がめばえる。

 

 

 

今長期の仕事を探しているんですが、条件が「電車は2駅まで。願わくば徒歩圏」です

時給安くても、しょぼくれたビルでも構わん。

通勤だけはこだわりがあります。誰にも、譲れないものってあるよね

 

それに近所だと何がいいって、お昼に帰ってこられる事です。

 

 

職場のお昼がめんどくさい私、昼一時間もいらないからその分早く帰らせてくれ、と思う。

そんなダメ人間の私は、結婚してからはずっと単発派遣に世話になっています。

たいてい一人で派遣されるのでとっても楽なのです。

たまに同僚がいたとしても、皆一人スキー系が多い

 

 

今回の仕事は珍しく4人態勢なんだけど、皆同じかほりの人らなんで、まあ気楽です

 

 

と思ってたら、最近単発始めたという奥様が、12時のチャイムと同時に「みなさん、お昼はどうされますか・・・」と誘ってきました。

 

 

気ごころ知れた同僚ならともかく酒の席ならともかく、お昼まで気を使って過ごしたくない。「私は14時に出ます~(^^)」と答えたところ、「14時だと食堂売れ残りばっかりですよ。13時にご一緒にどうですか?」と来た。

 

「あ、私は『なか卯』からの~ドトールなんで(^^)/(事実)」と返したら、「えっなか卯あるんですか??行きたいなあ。13時はどうです?」としつっこい。

笑顔は保ちつつ、「私いつも14時なんです。後半長いのキツイんでごめんなさい (^ω^#)」と言ったらやっとあきらめてくれた。

そして他の奥様方も、皆やんわり断っていた・・・

「美味しいところがあるんで、いつもそこなんです」とかなんとか。

ほんとかわからんけど、大人の断り方ですね。

 

若干かわいそうかなとも思ったけど、ごめんなさい

夜の誘いなら断らんのだけども。

 

 

 

こんな感じで私の派遣先は一人行動の奥様が多いです

しばらく一緒になる仲間ならともかく、一回こっきりだもん

余計な気を使いたくね~~というオーラが皆ぷんぷん出ています。

 

だからといって決して感じが悪いわけではなく。

この気楽さが単発やめられん。

 

 

仕事時代は嫌いでないんだけども

むしろバリバリ仕事をして、稼ぎたいです

でもでも、通勤とか、職場の人間関係とか、お昼のたわいないおしゃべりとか

歯磨きタイムとか、3時にお茶入れたりとか、そいうのがめんどくさい

そんなのみんな適当に上手にやっているというのに。

ほんとダメ人間だ

 

 

徒歩5分の職場見つからないだろうか

電車に2つ乗る位なら、チャリ通勤もいいな

制服があるともっといいなぁ。家から着て行っちゃうぞ

なんなら事務員御用達の腕輪もはめてゆく。

でも近い職場って、やめずらいよな~

 

 

また得意の妄想出ちゃった

その前に仕事見つけろ。あほか