saya log

日々・思い・愛・夢・妄想を打ち綴るアラフォーの備忘録

脱借金サイクル①

新喜劇を見ながらご機嫌よっぱらい中、とっぱらいの営業マンからの電話。

明日の現場変更かと思いきや、日勤の仕事がキャンセルとなり、

かわりに夜勤の打診で、さすがにお断りしてしまった。

 

 

今まで月イチ~2日程度の勤務だったのが、この月末に怒涛のシフトを入れたもんだから、「お、このオバチャン金欠wwwwww夜勤入れたろwww」と足元見られたと思われる(被害妄想)

 

「そんなに人員不足ならお前が行け」と酔った勢いで悪態吐きそうになるのを抑え、

にっこり笑顔で(見えない)、遠くていいから日勤でお願いしますと電話を切った。

お金が無いとココロはすさみ、人間は卑屈になる

 

 

だいたいこの営業マンは何も悪くない

借金返済の為に日払いのとっぱらいで自転車操業しているのは自分のせいなのであって、40すぎてなんのスキルも無くとっぱらいに行くしかないのも自分のせい

むしろなんのスキルも無いコミュ症のBBAにお仕事を与えて下さり、ありがとうございます!!と感謝されこそすれ。悪態つかれる筋合いは無い。

だいたい借金自体、自分が蒔いた種なのである

 

 

 

昨日は何度も腰をいわしそうになりながら、

「うーん、絶対にこの仕事が終わったら、まとめて返済してカード解約したろ。

スーパーポイントなんかに踊らされないぞ。ぜったい解約したろ。

上得意←がいなくなってざまーみろ!!

ポイント3倍くそくらえ!!!」との一念だけで働いた

 

 

でもこれも、カード会社からしたら逆恨みもいいところ。

そもそもポイント目あてでその会社でカードを作り、散財して、ポイントに一喜一憂して振り回されているのは自分なんであり。

むしろ私のような貧乏フリーターで無計画な客に、薄皮一枚の信用情報でお金を貸してくださる、なんと慈悲深い会社だろうか。

感謝されこそすれ。

解約したるぞなどとケチつけられる筋合いはないのである

 

 

 

今起きているこの現状は全て過去の自分が作り出した結果であり、

この悪循環を断ち切るには、自分が変わるしかない

 

 

 

ネットで見つけた格言?

【金持ちは時間を買い、貧乏人は時間を売る】

イタタタタ・・・

 

 

長いので続く→

 

保存

保存