saya log

アラフォー転勤妻が日々・思い・愛・夢・妄想を打ち綴ってます

ピン子に己を重ねる

この連休は叔母宅で過ごした。

いっそ「家出」カテゴリでも作ろうかしら

喧嘩するたびにフラリと

従姉妹んちか叔母宅へ転がり込む癖がついてしまいました。

彼氏でもいれば遠慮するんですけどー

 

 

滞在中は料理上手の叔母のご飯に舌鼓、

洗い物はしなくていーわ、

上げ膳据え膳、まるで旅館のような2泊3日であった。

宿賃は、叔母の「おしゃべり」に付き合う事。

一人暮らしがさびしいのか、マシンガンのようにしゃべる喋る

将来の自分の姿かもしれない

 

f:id:saya_log:20160920185214j:plain

母が焼いた陶器にポトスわっさー

 

f:id:saya_log:20160920185239j:plain

天ぷらパーリー

 

f:id:saya_log:20160920185251j:plain

素面では叔母のマシンガントークにはついていけない・・・

このあと酔った叔母が家じゅうの服をひっぱりだし、

夜中3時までファッションショーしたのでした。

 

夜中のテンション怖い。

なんでもないような事が幸せだと思っちゃう

 

 

 

 

 

 

 

連休3日目にしれっと帰宅。

夫は全く怒るでもなく、

一人で温泉いって、モーニングの美味しい喫茶店見つけて、

暇すぎて読書しちゃった、だって。

めっちゃ満喫してますやん~

おまけに親切にも「渡鬼」を録画までしておいてくれた。

叔母さんと一緒じゃテレビ見れなかったでしょ?だと。

心得たもんである。

 

 

 

 

思い返せば、結婚前の私たち。

中距離恋愛で、会うのは月に2回程でした。

平日はお互い干渉せず。

浮氣しててもわからなかっただろな

そんな相手はいなかったけど。

 

このペースにすっかり慣れた5年ののちに

夫の転勤で思いがけず結婚したわけだけど。

まー結婚してからうまくいかない事いかない事。

 

最近気づいたんである。実は私たち、

「始終人といるのはストレスに感じるけれど、

全くの独りぼっちは寂しくていやだ」という、

誠にめんどくせー性格の

似た者同士なんじゃないだろうか。

 

 それならば、普段はお互い仕事をして、

週末に 昔のようなペースで会う

別居婚」なら

案外うまくいくんじゃないだろか?

 

 

 

簿記3級のおかげか、BBAにして未経験で経理のパートにありつきました。

経理補助だけでなく、お茶出しや掃除もしています。

社会復帰のリハビリと思い、なんでもやるつもり。

ここでリハビリをさせてもらい、

2月にはなんとしても簿記2級も取って、

春にはフルタイムに転職を目論んでます。

(期間限定パートです)

 

古タイムの仕事につければ、一人暮らしは幻でもないだろう。

次の転勤がそのチャンスかもしれないな。

 

 

 

こうして

またまた

得意の妄想をはじめる

sayaなのだった。。。

(石坂こうじ風に)

 

 

 

---

久々の渡鬼では、

親父バンドに熱中する勇や

それぞれの事情で忙しい姉妹らに無碍にされ、

孤独感に苛まれる五月が描かれていたけれど。

 

亭主元気で留守がいいって

最高じゃねーかよオイィィィィィ、と思ったのは

私だけだろーか。

うちの夫は何しろ出かけないんだもん。

たまには家出してくれないだろか

 

 

f:id:saya_log:20160724152555j:plain

スマホ断捨離につきあんまり更新しなくなったのと、

ネットサーヒン(死語)もしなくなった為、

はてなスターを外しました。

これまでポチポチ★ありがとうございました

はてなスターは無くなっても、

これまでどうりよろしくオナシャス!! m(__)m