Saya log

日々・思い・愛・夢・妄想を打ち綴るアラフォーの備忘録

ど貧乳でもマンモ出来たよ

生まれて初めて

マンモグラフィーというものを受けてきました。

40過ぎたら受けないとだめだよと言われ続けてはいたけれど、

ど貧乳だし。まさかこの上乳がんなんて。

神様だってそんな無慈悲な事はなさらないだろう(なんの神だよ)と。

 

根拠なき自信で避けてきました。

どう考えてもはさめるとも思えないし。

はさめたとて、めちゃくちゃ痛そうだし。

痛いのは嫌~

 

 

だがしかし

今度の健診では逃げ道が無かった。

「エコーのみでお願いします」と伝えたところ

エコー単体は(うちでは)やってませんよ、と。

 

やるかやらないか。

 

 

これを避けたとて、今回の健診は

直腸触診、子宮頸がん検診と

痛そうな検査が目白押し。

もう、どうせ痛いなら一つ増えるも一緒だと

覚悟を決めました。

 

 

 

結果から言うと、

中学時代、「おまえのブラは特注か?」と真顔で担任に聞かれ、

ついたあだ名が「関東平野」、(今なら訴えるレベル)

部活のパイセンには「たいらだな~」と毎日からかわれ、

小5で早くも巨乳の片鱗を見せ始めた妹に、

「お姉ちゃん、きっとそのうち膨らむよ。頑張って(なにをだよ)」と

慰められた私でもマンモできました。

 

 

 

 

今日施術してくれた技師さんによると、

(あくまで技師さんの見解ですが)

乳がんになるのは、貧乳巨乳あんまり関係ないそう。

巨乳の人はそのふくよかさ故、マンもをしても

しこりを見逃してしまう事がまれにある。

それに比べて貧乳さんは

綺麗に皮←がのびるのですみずみまで撮影出来て、

乳腺ひとつひとつを診られるので、しこりを見逃す率が少ないんだそう。

男性でも受けるんですから、貧乳さんでも問題ないですよ!

だから、貧乳巨乳美乳関係なく、アラサーすぎたらマンモ受けましょう!

との事でした。

 

 

 

 

技師さん 「では乳を板の上に乗せてください。」

私  「のりません」

技師さん 「では下からすくいます」

私 「すくうお肉ありませんよ」

 

こんな下らないやりとりをしながらも

プロはすごい。

ヒンソな私の乳の

皮をひっぱり

脇肉寄せてあげて

いててててて

気づいたらはさまっているではないか

 

 

 

 

 

 

マンモのあとは別室で男性医師による触診がありました。

医師っていうか、職人???

そばにはもう一人、女の先生がついていて。

職人先生は患者と一切目をあわせず(気遣いなのでしょう)

ベッドに横たわった私の生乳を

無言で

正月の餅をこねるように、こねこねこねこね・・

体全身を使って

こねこねこねこね・・・

こいつ、ど貧乳やなーとか思ってるのかな?(被害妄想)

 

 

 

 

一体この先生、一日何乳こねこねするのだろう

こんなに何乳もこねてたら、さすがに見るのも嫌になるかしら。

それとも乳が好きすぎてこの職についたのか

だったら天職ですね

神の手

神の手でもまれる乳・・・

 

 

 

 

などなど

くだらない妄想している間に

マンモ+触診はあっというまに

終わったのでした。

 

 

 

 

 

貧乳のみんな!

マンモ躊躇しているみんな!

私が人柱になりましたよ

A70(スカスカ)のド貧乳でも

あだ名が「関東平野」の私でも

マンモ受けられましたよ!!

 

だから、あきらめないで!!

 

f:id:saya_log:20170204164508p:plain

 

 

 

その後の子宮がん検診のほうが

死にそうに痛かったやんけ

なんしろ全く使ってないんで。

人体の神秘で

必要ない機能って縮んでいくんですよ(お下品)