saya log

アラフォー転勤妻が日々・思い・愛・夢・妄想を打ち綴ってます

自分をごまかせねえええ

今日は久々に、おさまっていた離婚熱が沸き上がって来てしまった。

 

実はこないだ、泥酔した夫が電車の中で、知らんおっさんとトラブルを起こし、

夜中に警察からの電話で起こされるという出来事があった。

翌日私が謝りに行き、シラフにもどっていたその方とは穏便に済んだのだけど。

 

かたくなに一緒に誤りに行こうとしない夫に

はっきりいって、「なんだこいつ」という気持ちがめばえた

実父に言わせてみれば、「そりゃおめえ恥ずかしいんだよ。気持ちをくんでやれ」

との事なんだけど。母はもう烈火のごとく怒っていて、「警察沙汰はさすがに向こうの親にも報告するように」というので、舅に電話してみたら。

「あいつの酒好きは俺ゆずりだから、強く言えないなあ。ははは!

あ、今ゴルフ中なんでごめんね。ガチャ」だと。

まぁこの親にして、、という感じ。 だめだこりゃ!

 

 

 

都会にきてストレスたまりまくりなのかもしれないけど、このところは

唯一の健全な趣味であったスーパー銭湯巡りもしたがらなくなり、

土日はテレビの前でぼーっとスマホのゲームをしてる夫。

目つきもなんかやばくて「こいつ鬱じゃねえかな?」と一応心配になったわてくし。

「最近金曜日に飲みに行くことが多かったけど。これからは土曜日を外食の日にしましょう。金曜はお互い疲れと開放感で飲み過ぎちゃう。金曜はきちんと早寝をして、土日に美味しいものを食べてリフレッシュしようよ」と提案してみた。

私たち普段無駄な買い物を一切しないし、酒とごはんが唯一の共通の趣味だし。

週末くらいお昼から少し飲むくらいいいじゃないの」と。

 

「それはいいね」という夫を誘って、さっそく近所のカレー屋へ繰り出し、

元気よく「とりあえずグラスビール2つ~!」と頼んだんです

そしたらすかさず、

「ビールはいらない。」と言いやがった。

「え?いいじゃんグラス一杯くらい」と言い返したらば、

「ビール飲むなら俺は帰るよ。一人でやって。」とこう来るんですよ

店員さん(インド人)も隣のヤングカップルもびっくり。

声でかいんだよ

 

で、

以前の無職の頃のわしならば「わかりました。ビールはいいです」と

言っただろうけども、今日は言い返してやった

「あっそ。じゃ一人でやってくよ。ビール一杯で」と。

 

で、結局やつは帰らず、一人水を飲んでもう不機嫌でさ。

むっすーーーーーーーーと食べてるわけです

せっかくの美味しいナンを。

なんで怒ったかというと、私が真っ先に注文したのが気に入らないのね。

ビール頼んでもいい?と

俺に断りを入れない事に腹立ててんの。

これはビールに限らず、とりあえずのツマミの注文でもある事。

めんどくっさ‼️

 

 

 

私はといえば、無言でビールをチビりながら、

最近読んだ某web連載の記事を思い返していた。

以下引用 ↓ぐぐれば記事よめます(^^)

 

---

彼は土日はぐったりずっと寝ていました。ある芸能人が離婚理由を“彼と何一つ共有できなかった”と言っていて、はっとしました。私も全く同じ。一緒に暮らしている意味がわからなくなっていた……

 

 

 

 

 

隣のヤングカッポーは、

お互いのカレーをつつきあって楽しそう。

後ろのご年配カッポーも、「見た目より辛いわねえ!!

ビールが進むわあ」とキャッキャウフフ楽しそう。

 

そんな中、わしらはムッスーと話もせず。

私は一人ビールを飲み。

目の前の夫は無言でカレーをすすり・・・(たべかたも汚いの)

 

あぁもうやっぱりこの人とは

楽しみを共有するのは無理なんだなぁ、と。

 

 

 

 

前にも書いたけど、私は近所で昼ビールをしたときは

必ず一駅分歩く事にしています。

たばこを吸うという夫を残し、一人徒歩でてくてくて家路についた。

歩きながら、ずーっと

あぁ、やっぱこの人とは一緒にいたくないやあ、と考えていた。

でも別に、それは夫が悪いわけではない。

人のせいにはしたくない。

自分の人生楽しくしたかったら、自分でなんとかしなければ。

 

 

夫はあのあとパチンコに行ったみたい。

パチンカス脳でスマホ脳だよ。すくえねえ

でもそれが彼のストレス解消になるならば、

仕方のない事よ。

もう人の事なんてどーでもいーわい。

 

 

 

 

明日から新しい職場。

一日も早く仕事覚えて、会社に居場所を作ろうっと!

とにかく今はその事に集中して、へそくりして。

次の異動 これだけをささえに生きていくよ(`・ω・´)