saya log

転勤族を卒業したアラフォー妻が日々・思い・愛・夢・妄想を打ち綴る備忘録

旅先でも一人酒

昨日は月イチ新幹線通院の日であった。

いつもはすかすかの昼新幹線が、外国人どもで大賑わい。

子ども走らすわ、携帯で喋りまくるわでうるさいのなんの。

 

 

あぁ、とんでもない車両に乗ってしまった、、、と思っていたら。

隣にいた日本人サラリーマンのおじさまが、横のスパニッシュと思われるセクシーなお嬢さんに「へろー」と声をかけた。

 

と思ったら、「携帯電話は外に出て話しなさい。他の乗客に迷惑なんである。ここで携帯は使ってはいけない。それがJRのルールなんである!」と、英語でまくしたてたのです。

女の子たちも抵抗するでもなく、「おー、そーりー」と言って素直に出て行き、車両は静まり帰り、私は爆睡する事ができ、おじさまも読書にいそしんだのであった。

 

私は心の中で、「なんて堂々としたおじさまなのでしょう。さすがジャパニーズサラリーマン!ありがとうございます」とお礼を言いながら、眠りについた。

ありがとう、おじさん。。。

 

 

このあとの地下鉄で、例のスマホおじさんに絡まれるのだけれど。

つくづく電車の中でおじさんづいた1日であった。

 

 

 

 

--

いつもは病院終わるととんぼ返りなんだけど。

今日は久々に派遣時代の奥様と飲み。

飲む前に飲んでおこう、と思ったら

栄で素敵イベントをやっていたのでふらりと入っていった。

 

f:id:saya_log:20170722162033j:image

 

わー ここで2,3杯飲みながら友人を待つとするか。。と

値段表見てびっくり。

一杯1200円だって。 わー ジャーマン価格!

 

 

 

 

 

 

 

 

で、すごすご退散し、某手羽先居酒屋へ。

 

f:id:saya_log:20170722162048j:image

1200円使わなくてよかった。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:saya_log:20170722162111j:image

やっすー 

 

f:id:saya_log:20170722162128j:image

おいちい〰

 

 

 

 

 

 

 

このあと、屋さを買え、友人と焼き鳥屋へ。

いやーつくづく、名古屋は焼き鳥が美味しいよ~

※出たそばから食らいつく為画像無し

ていうか友人との飲みでは食べ物写真を撮るは撮りませぬ

 

もういくらでも食べられるぜ。

飲んで食べて、5000円でおつりが来た。

 

 

あーつくづく1200円使わなくてよかったあ

 

 

 

しかし名古屋の暑さははんぱねえ!

考えたら昼の1時から夜の8時までトイレ行ってなかった!

ビールは計10杯は飲んで、帰りの新幹線でも飲んだけど、

出ていく一方だったみたいで、まったく酔わなかった!!

 

 

そしてわが地元へ帰ってきたら、

あ、潮のにほひ・・・

 

やっぱり私、この町が好きよ、と思っちゃった。

住めば都はるみとはよく言ったもんである。

一人暮らしでこの先ずっと住む町なんだものね