saya log

転勤族を卒業したアラフォー妻が日々・思い・愛・夢・妄想を打ち綴る備忘録

welcome back!

来週から土曜日はとっぱらいバイトに出る事にしました。

毎週だとキツイと思うので、とりあえず隔週で。

もう戻らないと決めていたのに。とっぱらい

生涯世話になるんでそうなぁ。

 

 

 

何故今更また戻るかというと。

このところもう夫婦仲が壊滅的に悪化しております。

とうとう本日、独身時代からずっと通っていた金魚祭りも行かなかった。

一緒に出掛けたい、という気持ちに全くならない。

夏休みは関東に戻った事だし、房総に行きたいなと思っていたけれど。

どうにも心が通い合わず、結果二人夏休みをずらして取りました。

 

 

 

 

こんなにココロ離れているというのに離婚しない仮面夫婦

 

体裁を気にする夫は、なんとしても離婚はしたくない。

離婚するならお互い弁護士立てる構え。

パートでほそぼそやってた時は、「いつでも離婚してあげるよ」と言っていたのに、いざ私が働きだしたら「・・・こいつ本気だな」と思ったのかなんなのか。

離婚したかったら弁護士を立てろと言い始めた。

 

 

私はというと、離婚は決めているけれどまだまだお金を貯めたい。

分与で差し出すのを見越しても、まだまだ貯める必要がある。

ケチ野郎なんで、すっぱり折半してくれるなどとは1mmも期待していない。

渋ちんになるのが目に見えている。

何もこちらもがっぽりふんだくろうとは思っていないけど、50間近でシングルになるわけだからね。

若さにまかせた勢いだけで飛び出るわけにはいかないのであーる。

 

 

このお互いの思惑により、仮面夫婦の家庭内別居が一番いい、という結論。。

 

 

 

で、いまや平日はほとんど顔を合わせないんだけど。

憂鬱な週末は。

朝からピラティスに行って、一週間分の仕込みをして、リビングは占領されてるから部屋にこもって読書したり、ぼーっ過ごしている。でもこの時間がすごく無駄に思えて来た。

もう人生の無駄遣い、という気になってきて。

思わず古巣のとっぱらいに、また来週からお世話になりたいと電話したところ。

人手不足らしく、待ってまーす♪と快諾してくれた。

 

 

 

働いたお金は本業のお給料口座とは別の、貯金用口座にへそくる予定。

もう、貧乏暇なしでバリバリ働くぞー

貧乏人は時間を売る!

 

どうせ来年は奴は異動になるはずだし。

そうしたら夢の一人暮らし。

そうなったら思うさまダラダラしたらいいのさ。

そのときまでは、今この時、一秒だりとも無駄にできねえ~