Saya log

日々・思い・愛・夢・妄想を打ち綴るアラフォーの備忘録

金欠マンの戯言

待ち遠しいお給料日は毎月15日

今月は月曜日が給料日って言う最悪パターンなのである

週末金欠マンはつらい

 

 

使い道がすでに決まってるから、給料が入ったからとて

浮かれポンチにはならないのだけど。

今年からはアバウトだった家計簿もキッチリつけるし 

金ためっぞ〜!!

 

 

 

 

家計簿はサンキュ!がおすすめです(使いまわし画像)

f:id:saya_log:20171228193825j:plain

結婚してから、ろくに家計簿はつけずにやっていました。

家計は夫がにぎっていたので関せず。(月3万渡される)

自分のパート代、派遣の給料だけ管理すればよかったので

 

銀行口座を

・給料振込用

・貯金用

・積立(新婚時からのへそくり)

・引落用

 

と分けて、あとは残った現金を封筒にわけてアバウトに予算分けしていました。

だがしかし

予算通りに行ったためしは一度もありません。

封筒間の貸し借り、あたりまえ~ みたいな。

こんな状態が10年以上。

 

 

今年はこの封筒分けをやめてみる。

給料-引落額=今月自由に使えるお金→サンキュ家計簿言うところの「やりくり費」

くわえて、いつの間にか入っては消えていくGENDAMAポインツ、楽天ポインツを

この家計簿でしっかり管理していくつもり。

 

やりくり費の項目を自分で好きに決められるのが、

この家計簿を選んだ決めてです

一年記録していけば、来年の予算編成に役立つし、

なんならそれ用に積み立てを始めたりとか。

 

今までのザルを反省すべく、きっちりやります

 

 

実は去年も家計簿つけるぞ!と意気込んでこれを買ったけど。

項目が決められているのがうっとうしくて

2か月位で捨ててしまった

今年版はもしかしたら変わっているかもしれないけど

どうしてこれが毎年一位なんだろう。。。(超失礼)

ほんとあまぞんのランキングってアテにならない

 

 

 

 

 

 

f:id:saya_log:20180110213630j:image

名なき仙人おすすめの本も借りてみた。

 

しかし この本によると

「金金言ってるやつは大成しない(超要約)」

みたいなことが書いてあるではないか。

 

 

 

まぁ、私 身の程わきまえているし。

まさにこの本の言うところの、

「デスクにすわって「あぁあと〇時間で終わりか~

早く帰りたいな」って帰宅時間を指折り数えながら

日がなルーティンワークの事務員ですが、それが何か~??

 

仕事にしたいと思えるほど情熱の持てる趣味は無い

毎日平凡にお勤めしてお給金もらえればいい。

大成したいとか、もうけたいとか全く考えてないです。

人それぞれ、器ってものがある

 

 

月から金は週末目指して自分の時間を切り売りし、

土日は綺麗な部屋でひとり酒しながら漫画読んだり、ドラマ見たり。

長い休みには時々海外で貧乏ひとり旅。

そんな人生で十分幸せと思う。

 

私の夢 といったら

老後は一人でささやかに自由に暮らしたい

早くリタイアして、毎日が日曜日になりたい

貧乏リタイアでノーストレスな日々。

 

それを夢見てちまちま働いているの

大成なんてしなくていいの

はたからみたら

なんてつまんねぇ人生、と思うかもしれないけれど

 

 

 

でも、「会社での人に対する気構え、心構え」みたいな部分は

とても参考になった

この本のおかげで年明けは心穏やかに過ごせている気がする。

 

今年は本もいっぱい読もうっと

(もちろん図書館で)