アル中にはなりたくないので実家方式を取り入れる事にしました

カーテンの無い寝室を、春の日差しがピカピカに照らし

せっかくの休みだっつーのに

眩しくて寝ていられない

 

二度寝をあきらめ、がばっと布団からはい出し、

掃除洗濯仕込み祭りを開催しました

 

 

無印ソファー背中部を洗い、

ソファーに掃除機をかけ、

作り置きは

・ほうれん草お浸し

・アスパラ茹で

 (一部に豚肉巻いた)

・もやしを茹でて

・ぶた挽肉を醤油で炒めて

※お浸しともやしとこの挽肉とキムチと炒り卵(甘め)をまぜまぜして、ビビンバ風ご飯にするのです

・新玉ねぎをスライス

 

そして、豚汁を大量に仕込みました。

 

 

 

味噌汁は結婚してからほとんど飲んでいませんでした。

夫の分は作るけど飲まない

なぜかというと~

東北出身の夫が好む味噌汁と、

九州出身の母の味で育った私が好きな味噌汁の好みが激しく違う為。

二つ作るのは面倒なので夫の分だけテキトーに作り、

自分は全く飲んでいませんでした。

 

 

 

でも、このところ実家へちょいちょい帰るようになって、

やっぱり味噌汁はいい!と実感

実家と同じ味噌を買いました

 

子どもの頃から育った味

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チョーコー 九州麦みそ 1kg
価格:543円(税込、送料別) (2018/3/25時点)

 

 

 

 

 

 

---

我が実家はだら飲みが厳禁の家で、

(このところも夫家とは真逆)

ビール+焼酎を2杯も飲んだら

ごはんと味噌汁が出て来て酒は矯正終了になります。

そして食後は必ずお茶を一杯。

 

 

味噌汁とお茶を飲んでしまえば、

もう酒を飲みたいな、とは思いません 

思えばこのシステムのおかげで

父はアル中にならないで済んでいたのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

お茶だけは結婚してからも近所のスーパーでテキトーに買って飲んでいましたが

やはり実家とおなじお茶が飲みたいなと

実母推しの知覧茶と、

叔母と従姉妹レコメンの八女茶を買いました


 

 

 

 

 

 

 

 f:id:saya_log:20180325150606j:image

作りながら味見。。

おいち~ 我が母の味

 

 

 

土井善治先生も、忙しい平日は具だくさん味噌汁とご飯で十分だって言ってるし

毎日楽しい味噌汁ライフでアルコールとうまく付き合っていこうと思います。

 

 

 

 

 

f:id:saya_log:20180325150637j:image

食材仕込んだし、

綺麗になった部屋で

ドキュメンタリー見ながら開店しようっと

 

どう生きる?

どこで生きる?って番組も楽しそう

 

 

それをさがしながら、

もう46ちゃいだよ

 

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村