Saya log

日々・思い・愛・夢・妄想を打ち綴るアラフォーの備忘録

さよならおばはん

私の職場の席は人よんで「ぼっちシート」

隣に人がいると仕事に集中できない私、

こんな席に座れるとは、ワシってなんてついてるんだ!

ささいなイライラはあれど、まあのんきに働いてきた約8か月。

それが・・・なんていうことでしょう、

異動につぐ異動や配置換えで、

きゅうきゅう満員の席になってしまったと

前に記事にしました。

せっかくよい職場に出会えたのに、ここ長くないなぁと。

もう次回は更新しない!と書きました。

 

 

 

もう更新しないと決めたら

何だか変に開き直ってしまった。

周りの事は気にせず、

目の前の仕事に集中しよう!

〇〇さんがやめてしまって、残念だなぁと

おもわれる辞め方をしようと決めた。

 

 

隣の人に仕事のペースを乱されたり、

よけいなお世話なおせっかいにイライラするのはやめよう。

起こる事はなんでも都合のいいほうにとらえて。

あと3か月、たんたんと働くべ!と決めました。

 

こんな風に考えるようになったのは、

小林正観さんの本を読んだ影響です。

 

 

 

 

 

大断捨離祭りを開催した事も先週書きました。

納戸にしまいこんでいたストーブやカーペット、

カーテンなどなどを地元の方たちに譲り、

「窓を洗たくものでふさぐのはいけない」と聞けば

ハンガーも全部カーテンレールからとっぱらいました

 

 

 

 

 

 

そしてたんたんと働いた月~木曜日。

 

まちにまってた金曜日の事。

私がとってもとっても苦手なおばはんが、

「実は私、異動になるの」と私にささやいてきたでは

ありませんか~

「神様はいたのだ」と思いましたよね

 

 

 

このオバハン、ブログでは触れてきませんでしたが

入社してからずーっと苦手でした。

何か知らんけどこの人に初日から嫌われてしまい、

ちっちゃな意地悪を毎日されてました。

 

無くなった祖母と同じ年の人なので、

もうこの人の人格は変わらないだろうし。

きにせんとこ~ と自分に言い聞かせ。

このおばはん以外は嫌な人はいないんだし。

こんなおばはんのせいでやめてたまるかと。

ココロではあかんべしつつ笑顔で接し。

 

 

そんなおばはんが、

ぴゅーっと遠くの席へ異動になるのです!!

 

 

 

わし、もう少しここで頑張ろうかな。

という気になりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本人は異動に納得いかないようで、

ゴねたみたいなんだけど。

私はもう、嬉しくてうれしくて。

 

満員きゅうきゅうの席にも慣れて来たし、

隣の女の子はちとおせっかいだけど

悪い子では無いし。

 

次回も1回だけ、更新してみようかな、

という気になっています

 

 

 

 小林正観さんも言っている。 

今のあなたに、今の職場がちょうどいい、と。

 

 

 

おばはんは、もう私の人生に

なんのかかわりもない人となった。

きゅうきゅう満員でご近所さんになった人たちも

今の私にぴったりな人達なのでしょう。。。

 

そこでうまくやれるか

やっぱりやめる事になるか

 

 

も少しやってみっぺかな~

という気になりました

 

 

 

 

しかし

大事な事なのでもう一度いいますが

ブログではふれてないけど

このおばはんはほんとに一番の悩みどころであった

 

休みの日もおばはんの顔を思い出してため息。

斎藤一人さんによれば

「休みの日までその人の事を考えるなんて、

もう好きなんじゃないの?笑」なんて書いてあるので

そうだそうだ、なんで大事な休日にあんなおばはんの事

考えねばならんのだ、考えるのをやめよう、などと考え

ますます悶々と休みを過ごしたりしていました

 

そのオバハンがいなくなるんですとーーーーー??

はうあー

うれしすぎるーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

もうちょい今の職場でがんばってみよう

いや、頑張らない。

ただ毎日たんたんと、粛々と 

生活をしようと思います

 

 

はー

この8か月の我慢は無駄ではなかった

 

 

 

 

---

おばはん、私たちは決して仲良しではなかったけれども。

長年同じ職場で働いて来た事だけは尊敬しております。

その年齢であらたな職場へ異動は大変だろうと思いますが、

新しい部署でも良い事がたくさん起こりますよう。 

私にもおばはんにも、たくさんたくさん良い事がふりそそぎますように!!

f:id:saya_log:20180401003248g:plainf:id:saya_log:20180401003248g:plainf:id:saya_log:20180401003248g:plainf:id:saya_log:20180401003248g:plainf:id:saya_log:20180401003248g:plainf:id:saya_log:20180401003248g:plainf:id:saya_log:20180401003248g:plainf:id:saya_log:20180401003248g:plainf:id:saya_log:20180401003248g:plain

 

いえーい