Saya log

日々・思い・愛・夢・妄想を打ち綴るアラフォーの備忘録

桜散歩とひとり酒

今日は朝からこの引きこもりがウォーキングへ繰り出しました

20分もあるくと巨大ショッピングセンターがあるので、

何するでもなく入り、カルディ―を冷やかし

ユニクロでカーディガンなど買い

カフェで持参した文庫など読みつつ茶をしばくかな、と思って

ふと入口横の鏡にうつった己のあまりのダサさに

よくこんな姿でショッピングセンターなどへのこのこと

入ったものだと自分にあきれつつ

そそくさとビールと焼酎と花粉症の薬を買って

桜並木をてくてく家路につきました。

 

鏡にうつった自分、まじでやばかったな

5年前、関ケ原ウォーキング大会の時と

同じ格好だったんだけど。

その時は我ながらいけてるな、と思った装いなのに

なんとも古臭く。

 

 

平日は会社と家の往復

買い物は通販ばかりの私ですが、

リアルショップへ赴き、ウィンドウを眺め

オサレな人たちを眺めて刺激を受け、

己のありのままのダサさを認識する事は大事だと思いました。

欲しい服もたくさんあった。

また一生懸命仕事して、買いにこよう!

 

しかし服を買いにいく服が無い

平日と同じ、オヒスカジュアルで来るしかないな

 

 

 

 

 

---

地下食料品街で買ったぽんちりと皮で

昼の3時から開店

 

f:id:saya_log:20180401212440j:image

あっ横になってしもた

 

 

 

f:id:saya_log:20180401212452j:image

留守録しておいたノンフィクションを見ながら。

こんな風に、二人で台所に立つの憧れるな~

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:saya_log:20180401212504j:image

(どうでもいい独り言。)

昼の3時からつまみ作って飲んでるなんて

夫が知ったら卒倒するだろうな

やつは昼酒がとても嫌いなのだ。

 

我が実家は、日曜日は父が朝からビール飲む家だった

休みの日=昼から飲んでいい日

おいしいつまみ(実家の場合はお好み焼き)を自ら作って

いそいそとテレビの前に陣取り

おもうさまだら飲みする父。

(平日はだら飲み禁止)

 

私も結婚したら、日曜日は朝とは言わないまでも、

昼から飲むのに憧れてました。

美味しいつまみを並べて、映画でも見ながら

まったり だらだら。

 

 

だがしかし、夫は昼酒は決して飲まない人であった。

外ランチでも飲まない

いや、飲みたいんだろうけど

私が飲みたがっているから飲まない、みたいなとこがある。

私だけのもうものなら(のむのかよ)むっつりと機嫌が悪くなった。

でもいざ夜が来たら。

酒癖の悪さは私の比では無い

大人なんだから、酒の飲み方いい加減覚えろ

ていうか、この人相当ストレスためてんだろうな~

 

という そんな感じの飲み方。

 

 

 

また結婚するとしたら

お酒を楽しく飲むひとがえ~な~ (妄想)

 

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村