おいしい実家ごはん⑤

※7/14-16の3連休中の実家のご飯の回想録です

 

 

とうとう連休も最終日になってしまいました。

もう明日から仕事と思うととても気が重い

 

 

何度か書いていますが、我が実家の休日の朝ごはんはお好み焼きです。

皆が若かりし頃は、続けてもんじゃもやっていました。

 

結婚して、初めての朝ごはん

あたりまえにお好み焼きを作りました。

 

おしんこ、焼き魚、味噌汁に炊きたてご飯の純和朝食で育った夫、

「こんなおやつみたいな朝ご飯くえるかー!」と激おこ

新婚早々にバトル勃発しました。

思えばこの時(あ、この人とはうまくいかないのでは?)

と予感したのでした。

その予感は・・・ 的中・・・笑

 

 

 

 

f:id:saya_log:20180716192426j:image

この日は珍しく妹がタネをしこんでました。

とろろすりすぎ!とか何とか

朝からわいわい楽しく食べました

 

 

 

 

 

f:id:saya_log:20180716192524j:image

東京へ帰る前に、父がうなぎ屋へ連れて行ってくれました。

 

ここでは、今や貴重な鯉こくも食べられるのです。

にんにく醤油ではないのが残念なところですが

それでもやはり鯉は美味しい

 

 

 

 

 

 

 

f:id:saya_log:20180716192500j:image

写真の右側がきれててわかりづらいですが、

なんと鰻のサイズが小さくなっていました 笑

タレも少なくて、ごはんに味がしみていなくて。

鰻高騰のあおりがついに、この田舎にも

 

そのうち鯉のように食べられなくなってしまうのかな。

 

 

サイズはともかく、

安定の中ふわふわ、外パリパリ。美味しかった

京都時代も名古屋時代も鰻を食べたけど、

はっきりいって美味しくなかった

やっぱり鰻蒲焼は関東が一番だな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:saya_log:20180716192544j:image

楽しい帰省は終わり

自宅で

もらいもののカニ缶で開店

 

f:id:saya_log:20180716192554j:image

足を投げ出して。安定のスタイル

 

 

帰省は楽しいけど、

やっぱり家で一人が一番気楽

帰省は3泊までに限るね~